スキップしてメイン コンテンツに移動

メンズ・ランナー [ THE MAZE RUNNER GET READY TO RUN]


【出典:カウチポテト通信

3部作の1部作目が公開された「メンズ・ランナー」

全体の小説だと5部作みたいですがそんなに詳しくない私としたら、予告だけみてこれは面白いと思える内容だという事がわかりました。

1部作の見どころはトーマス[ ディラン・オブライエン ]がどういう意図で「"WCKD"は正しい」という夢と「すべては変わるの」という夢を信じているかによるところです。

2択の選択肢が画中にありますので、もし別の選択をしてしまったら...

というように想像してみるのもいいかもしれません。


そうすれば、鑑賞中でも一緒に楽しむことが出来るでしょう。

最後にボックスにて運ばれる「テレサ[ カヤ・スコデラリオ ] 」

予告編では重要視されているのですが....

実際には....

グレードでのリーダー達は生き残れるのか...


2部作品目の「メンズ・ランナー2」も公開されていますが以下
日本語訳を鑑賞したかったら、映画館で公開されています。

エンドローム後ですのでご注意を。


2部作の予告編をみると1部作の面白味がさらに伝わると思われ、

今回の楽しみは迷路の実態と迷路にはどんな秘密が隠されているのか

そこら辺を楽しんで鑑賞していただければ幸いです。



あらすじ
そびえ立つ壁や毎晩変化する構造を持つ謎の巨大迷路に月に1度、自分の名前以外何も覚えていないランナーが送り込まれてくる。やがて団結し始めた彼らは迷路の仕組みを調査し脱出法を見いだそうとするが、迷路の扉が閉まる夜までに帰還しないと命の保証はない。生き残りを懸け巨大迷路に隠された謎を解き明かそうとするランナーたちの運命は……。




1部作のネタバレは⇒メンズ・ランナー [ THE MAZE RUNNER GET READY TO RUN] ネタバレ

コメント

このブログの人気の投稿

ナイトクローラー

【参照元: ハワイ島ヒロ・シネマライフ 『ナイトクローラー』 写真 クレジット : Open   Road  Films 】 ナイトクローラー  が8月22日から全国の映画館で放映される。 予告編を見てみるある記者がネタを得るために暴走していく話のようだ。 内容の中では 警察の車との衝突 事件を捏造する様子 警察無線を傍受する様子 事件前に防げる事件を傍観する様子 が描かれている。 実際の所その予告編はこちらとなっている

映画 暗殺教室

[ http://www.smt-cinema.com/movie/detail/?cinemaid=T0019615&type=0100 ] 公式サイト⇒「 映画『暗殺教室』公式サイト 」 殺せんせー 響きはいいのに、和やかムードでいいのにこれっていわゆる 血や実際の死が無いけど バトルロワイヤルに似ているかもしれない。 似ていないという方もいるかもしれないが… さて、映画から入るのも漫画から入るのもアニメから入るのも入りやすいですが、漫画では意外な人が殺せんせーにダメージを与えているので、映画を楽しみにしている方は漫画、少年ジャンプの週刊誌は特に見ないようにしましょう。 結構「え、意味不明?」とかになりますから、それよりかは映画からファンになってしまいましょう。

劇場版K MISSING KINGS

今回は劇場版K MISSING KINGSを鑑賞してきました。 あらすじ 四人もの《王》が交錯した“学園島事件”。 その事件以降ずっと、白銀のクランズマンである夜刀神狗朗とネコは主であるシロの行方を探していた。 その日もシロに関する手がかりを得ることが出来ずに気を落としていた二人だったが、 街中で《吠舞羅》のメンバーである鎌本力夫と櫛名アンナが何者かに追い回されている場面に遭遇する。 劇場版K MISSING KINGSを鑑賞しての感想としたら街であう雪染菊理のエロ仕草は勿論の事、女性の利用者が多いものでしたね。イケメンが多いのも原因ですから仕方がないですが、カップルも若干見受けられました。 男性1名で見に来るかたもいましたが、やはり40代後半の男性や子供たちはいませんでした。 話がそれましたが、鑑賞しての感想としては予想が出来ない内容となっており、次はどうなっていくのかというハラハラドキドキ感が見受けられます。 見どころは...