スキップしてメイン コンテンツに移動

ナイトクローラー


【参照元:ハワイ島ヒロ・シネマライフ

『ナイトクローラー』写真クレジットOpen Road Films

ナイトクローラー が8月22日から全国の映画館で放映される。

予告編を見てみるある記者がネタを得るために暴走していく話のようだ。



内容の中では


警察の車との衝突

事件を捏造する様子

警察無線を傍受する様子

事件前に防げる事件を傍観する様子

が描かれている。

実際の所その予告編はこちらとなっている




上記は限定公開の為、映画が公開されたのちは予告編(期間未定)を公開します。

私としてはみると「うきうき」感と「どきどき」感が生まれてしまうでしょう。


これは予告からして面白い作品の一つです。

コメント

このブログの人気の投稿

映画 暗殺教室

[ http://www.smt-cinema.com/movie/detail/?cinemaid=T0019615&type=0100 ] 公式サイト⇒「 映画『暗殺教室』公式サイト 」 殺せんせー 響きはいいのに、和やかムードでいいのにこれっていわゆる 血や実際の死が無いけど バトルロワイヤルに似ているかもしれない。 似ていないという方もいるかもしれないが… さて、映画から入るのも漫画から入るのもアニメから入るのも入りやすいですが、漫画では意外な人が殺せんせーにダメージを与えているので、映画を楽しみにしている方は漫画、少年ジャンプの週刊誌は特に見ないようにしましょう。 結構「え、意味不明?」とかになりますから、それよりかは映画からファンになってしまいましょう。

劇場版K MISSING KINGS

今回は劇場版K MISSING KINGSを鑑賞してきました。 あらすじ 四人もの《王》が交錯した“学園島事件”。 その事件以降ずっと、白銀のクランズマンである夜刀神狗朗とネコは主であるシロの行方を探していた。 その日もシロに関する手がかりを得ることが出来ずに気を落としていた二人だったが、 街中で《吠舞羅》のメンバーである鎌本力夫と櫛名アンナが何者かに追い回されている場面に遭遇する。 劇場版K MISSING KINGSを鑑賞しての感想としたら街であう雪染菊理のエロ仕草は勿論の事、女性の利用者が多いものでしたね。イケメンが多いのも原因ですから仕方がないですが、カップルも若干見受けられました。 男性1名で見に来るかたもいましたが、やはり40代後半の男性や子供たちはいませんでした。 話がそれましたが、鑑賞しての感想としては予想が出来ない内容となっており、次はどうなっていくのかというハラハラドキドキ感が見受けられます。 見どころは...