スキップしてメイン コンテンツに移動

翠星のガルガンティア ~めぐる航路、遥か~ 前編

あらすじ

 強い絆を育んだマシンキャリバーのチェインバーとレドが別れを果たしてから半年余り。彼は船団ガルガンティアに残り、サルベージチームの一員として勤務しながら喪失した旧地球文明の痕跡を追い求める毎日を過ごしていた。ある日、元上官クーゲルの船団からリーマという少女がガルガンティアにやって来る。彼女と交流するうちに、波乱の満ちた過去を振り返り、改めて現在の自分と向き合うレド。そんな中、思わぬ事態が彼に降り掛かってくる。


コメント

このブログの人気の投稿

ナイトクローラー

【参照元: ハワイ島ヒロ・シネマライフ 『ナイトクローラー』 写真 クレジット : Open   Road  Films 】 ナイトクローラー  が8月22日から全国の映画館で放映される。 予告編を見てみるある記者がネタを得るために暴走していく話のようだ。 内容の中では 警察の車との衝突 事件を捏造する様子 警察無線を傍受する様子 事件前に防げる事件を傍観する様子 が描かれている。 実際の所その予告編はこちらとなっている

映画 暗殺教室

[ http://www.smt-cinema.com/movie/detail/?cinemaid=T0019615&type=0100 ] 公式サイト⇒「 映画『暗殺教室』公式サイト 」 殺せんせー 響きはいいのに、和やかムードでいいのにこれっていわゆる 血や実際の死が無いけど バトルロワイヤルに似ているかもしれない。 似ていないという方もいるかもしれないが… さて、映画から入るのも漫画から入るのもアニメから入るのも入りやすいですが、漫画では意外な人が殺せんせーにダメージを与えているので、映画を楽しみにしている方は漫画、少年ジャンプの週刊誌は特に見ないようにしましょう。 結構「え、意味不明?」とかになりますから、それよりかは映画からファンになってしまいましょう。

フューリー

第二次世界大戦下。 連合軍がドイツに侵攻を進める中、 “フューリー”(=激しい怒り)と命名されたシャーマン戦車に乗る、5人の米軍兵士が ­いた。繰り返される戦闘の果て、300人ものドイツ軍に包囲された彼らは、無謀にも立 ­ち向かう決意をする。 何故彼らは、死をも意味する任務に自ら挑んだのか―。 そして、覚 ­悟の果てに待つ運命とは―。 壮絶を極めたクライマックスには、映画史上空前の興奮と感 ­動を呼び起こす真実が刻み込まれている。 ブラッド・ピットがキャラクターに惚れ込み主演を熱望した脚本を、気鋭監督デヴィッド ­・エアーが圧倒的な臨場感&リアリティをこめて映像化。映画史上初の試みとなる、現存 ­する貴重な本物の戦車を使用し、米・シャーマンと独・ティーガーが激突する壮絶なバト ­ル・アクションを再現した。戦場の生と死をテーマにした深遠な人間模様と極限のスペク ­タクルを融合させ、あらゆる観客の胸に響くエポック・メイキングな超大作がここに誕生 ­した!