スキップしてメイン コンテンツに移動

ザ・テノール 真実の物語

あらすじ

 アジアのテノール歌手の中で高い評価を受けていた韓国出身のべー・チェチョル(ユ・ジテ)は、ヨーロッパの歌劇場で歌声を響かせていた。そんな折、彼は甲状腺ガンを患い手術をしたものの、声帯と横隔膜の神経を切断したため素晴らしい歌唱力が喪失してしまう。そんなどん底のベー・チェチョルが希望を見いだすきっかけとなったのは、音楽プロデューサーの沢田幸司(伊勢谷友介)との出会いで……。



コメント

このブログの人気の投稿

ナイトクローラー

【参照元: ハワイ島ヒロ・シネマライフ 『ナイトクローラー』 写真 クレジット : Open   Road  Films 】 ナイトクローラー  が8月22日から全国の映画館で放映される。 予告編を見てみるある記者がネタを得るために暴走していく話のようだ。 内容の中では 警察の車との衝突 事件を捏造する様子 警察無線を傍受する様子 事件前に防げる事件を傍観する様子 が描かれている。 実際の所その予告編はこちらとなっている

映画 暗殺教室

[ http://www.smt-cinema.com/movie/detail/?cinemaid=T0019615&type=0100 ] 公式サイト⇒「 映画『暗殺教室』公式サイト 」 殺せんせー 響きはいいのに、和やかムードでいいのにこれっていわゆる 血や実際の死が無いけど バトルロワイヤルに似ているかもしれない。 似ていないという方もいるかもしれないが… さて、映画から入るのも漫画から入るのもアニメから入るのも入りやすいですが、漫画では意外な人が殺せんせーにダメージを与えているので、映画を楽しみにしている方は漫画、少年ジャンプの週刊誌は特に見ないようにしましょう。 結構「え、意味不明?」とかになりますから、それよりかは映画からファンになってしまいましょう。

宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟

時に西暦2199年。 苦難の航海を経て、目的地イスカンダルで〈コスモリバースシステ ­ム〉を受領したヤマトは、いままさに大マゼラン銀河を後にしようとしていた。 だが突如、大マゼラン外縁部で謎の機動部隊と遭遇する。 彼らこそは蛮勇で宇宙にその名を轟かす戦闘民族〈ガトランティス」。指揮官はグタバ遠 ­征軍大都督「雷鳴のゴラン・ダガーム」を名乗り、艦の引き渡しを要求してきた。 戦闘を避け地球へ急ぎたいヤマトに、突如空間を跳躍し紅蓮の炎が襲い来る。それはダガ ­ームが放ったガトランティスの誇る最新兵器〈火焔直撃砲〉の光芒だった。 間一髪、ワープでダガームの追撃を振り切ったものの、薄鈍色(うすにびいろ)の異空間 ­へと迷い込んでしまうヤマト。ヤマトはまるで意志を持ったように舵を切ると、謎の惑星 ­へと誘われていく。事態打開のため、古代、桐生、沢村、新見、相原の5人は惑星へと情 ­報収集に降下する。 地表に降り立った彼らが見たものは、そこにあるはずのない[艦(ふね)]。だがその艦 ­内には先客がいた。それは七色星団の戦いを生き残りヤマトへの復讐を誓う、ガミラスの ­フォムト・バーガー少佐の姿だった。彼らもまたここに迷い込み、脱出できないでいたの ­だ。 ヤマトの空間航跡を追ってワープしたダガームもまた、薄鈍色の宇宙へとたどり着く。ヤ ­マトが誘われた眼前に輝く惑星こそ、彼らが探し求めていた宝の星であったのだ。邪魔な ­ヤマトをあぶりだすべく火焔直撃砲の砲門を惑星へと向けるダガーム。果たして古代たち ­は閉じられた空間を脱出し、ガトランティスの包囲網を突破できるのか。 一刻も早く地球へ戻りたいヤマト、力で宝の星を求めるガトランティス、ヤマトを討たん ­とするガミラス―――それぞれの譲れぬ想いが交錯する